体調リポート 1

2017年に脊髄小脳変性症3型(SCA3)のマチャド・ジョセフ病を発症し、以前からの糖尿病も抱える身にとっては、日々の体調が常に心配なのですが、夏場を迎えて体調の管理が難しくなってきているので、これを機会に定期的な体調の記録をとっていこうと考えました。
先月から糖尿病の薬がひとつ変わったのですが、変わった薬がリベルサスという錠剤で血糖が高い時にインスリンの分泌を粗寿司んして血糖コントロールを改善する薬だそうです。朝食前に1日1錠120ミリ弱の水とともに服用しなければならないのですが、かなり強力な薬で食欲の減退ぶりが半端ありません。朝食は毎朝、早朝から営業している喫茶店でモーニングを食べているのですが、ゆで卵はいいのですがパンの方は食べるのが大変な感じになってきました。日々気温も上がってきていますので、夏負け気味で食欲がなくなっていることもそれに輪をかけてしまい、体力的に不安が増しています。
脊髄小脳変性症に関しては静かにわずかずつ進行していっているという感じで、歩行というか歩様が徐々に徐々に不安定でふらつくようになってきました。買い物でもイオンのような大型店でなくとも、近所のスーパーでさえひと回りするのが大変になってきました。
これからさらに暑くなる夏を乗り越えなければなりませんが、また体調に変化がありましたら報告します。