NEGiFES2018@北方文化博物館(10/13)

昨日開催されたNEGiFES2018は、私にとって最高のホスピタリティに溢れたFESでした。長時間のスタンディングに耐えられない身体となってしまった私には、折りたたみチェアの持ち込みが可で、ステージが高いために座っていても出演者の姿をはっきりと見ることが出来、視覚と聴覚の両方で楽しむことのできる素晴らしい場でした。
会場最寄りの新津駅からは無料のシャトルバスでの送迎があり、会場に入ればすでにフード提供者は営業を開始していたので早速ネギ氷を購入。昨年同様に会場後方の建物の一段上がったテラス部分に位置を確保して、最初の出演者であるYOUR SONG IS GOODのリハーサルをゆったりと聴きながらネギ氷を口に運ぶ。一日前までは雨が降り、気温も低かったのですが当日は見事に快晴。気温も上昇しネギ氷のおいしさは格段のものとなりました。
NEGiFESの楽しさは各出演者の間に時間がとってあり、リハーサルを楽しんだり、余裕をもって食事をしたりする皓が出来、更には隣にある北方博物館の見学も可能だということ。ついでに充実したトイレ設備を利用させてもらったり、喫茶店でのんびりすることも可能。
YOUR SONG IS GOODの本番が始まると、その乗りの良いインストルメンタルサウンドの心地よさを存分に堪能。Negiccoとのコラボは提供曲の「カリプソ娘に花束を」。
サニーデイ・サービスは時間一杯をたっぷり使って、素敵な曲を提供してくれました。私はただ椅子に座って曲に身体を委ねるだけ。ひたすら幸せな時間が過ぎていきます。NegiccoとのコラボはかえぽがMVに出演した「苺畑でつかまえて」。
KIRINJIにはNegiccoに「トリプル!WONDERLAND」を提供した矢野博康さんもサポートとして参加。いうまでもなく貫禄の内容。Negiccoとのコラボは提供曲の「愛は光」。CRCK/LCKS小田朋美さんを呼び込んで彼女がピアノを担当。そしてギターの弓木英梨乃さんとの弓ネギが再結成。「Mr. BOOGIEMAN」を披露して再び解散。
トリのNegiccoのバックバンドを担当してくれるCRCK/LCKSが挨拶代わりに3曲披露。タイトでジャジーな曲調が好み。演奏技術も素晴らしい。
そのままNegiccoが登場。強力な出演者を前にして、負けず劣らずのパフォーマンスを披露。CRCK/LCKSのスピード感あふれる演奏をバックにダンスし、歌う姿が実に尊い。もちろんスピード感だけでなく「雫の輪」では荘厳さというすごみも見せてくれました。
全ての出演者とのコラボ、出演者転換の間のMCと大活躍だったNegiccoのおかげで本当に充実したFESになりました。私としては感謝しかありません。様々な準備も含めてお疲れさまでした。
私にとっての理想的なFESは終わりましたが、12月には過去2年間ネギオタの桃源郷となった苗場が待っています。こちらも私の身体には優しいイベント。ぜひ参加したいですね。